浮気してもらったクラミジア、悩む前にクラビットとジスロマック

クラビットの服用の方法

ニューキノロン系の抗菌剤の一つにクラビットがあり、細菌感染治療に効果を発揮します。
この薬剤はクラミジア(性感染症の中でも最も感染率の高い)にも使用されます。しかし、服用を誤ると高い抵抗力を持つ耐性菌を生じることもあり、薬が効かないという事態が生起することもあります。
クラビットのクラミジア治療への効果や服用期間について説明をして、感染症を改善するための正しい使用法を確認することにします。
クラミジア・トラコマティスは0.3ミクロンの細菌で、性器クラミジア感染症の原因になります。性行為によって直接的に接触することで感染すると性器や咽頭に症状を生起させます。
この抗菌剤について記述した文書には効能にクラミジア・トラコマティスが対応していること、薬理的に抗菌作用があると記述されていますので、この薬剤がクラミジア治療に効用があることが明らかになります。
この薬剤を服用しても効用が無い場合もあります。その場合でも医師が適切に診断して治療薬を適正に服用すれば、薬剤は十分な効用を発揮します。
医師の指示通りの薬剤の適正な服用が早期改善には重要になります。
クラミジアを治療するためのこの薬剤の服用方法は、一日あたり一回500㎎です。一般的な服用期間は7日から14日間になります。
この薬剤の添付文書によれば、500㎎の服用によって100㎎を一日当たり3回服用するよりも耐性菌の発生よ抑止することができます。ここで注意すべきことは一日一回の服用を2回以上に増やしても効用が増大する訳ではないことです。回数を増やすと、効用を期待できないだけでなく、副作用の危険が増大します。
この薬剤を一日一回500㎎投与することは100㎎を一日3回投与することに比較して耐性菌の出現を抑制できます。この薬剤の投与について、服用量調節の場合も含めて錠剤250㎎および細粒10%を使用する場合も分割しての投与は回避するように注意をする必要があります。
本薬剤を服用すると、一週間くらいで症状が改善する場合があります。この際に注意すべき点は、完治したように思われる場合でも最後まで処方された薬を服用すべきことです。
クラミジアは感染していても症状が出難い場合もあります。症状の有無のみにとらわれて服用を中断すると、身体内に残っている細菌を見逃す契機となり、再発を繰り返します。完治させるには、医師が処方した用量を順守する必要があります。

%%MENU%%