浮気してもらったクラミジア、悩む前にクラビットとジスロマック

クラミジア治療の抗生物質

クラミジアという名前が聞いたら、ぴんと来ない場合が多いと思います。しかし、調べてみれば、ごく恐ろしい病気だと思います。性病の一つです、ヒト免疫不全ウイルスと同じよな性感染病です。
各種クラミジア感染で起こした感染的な病気グループです。
動物と人類の子宮感染、早産、流産、尿道感染、肺炎、気管支炎、胃腸炎、脳脊髄炎、結膜炎、関節炎などの多種多様な病気を起こしやすいです。
この病気がヒューマンを感染していたら、円柱上皮細胞を侵して細胞内で成長して繁殖します。それから、単核マクロファージシステムを侵入して増殖します。クラミジアが細胞内で繁殖するために、感染細胞を死亡させてしまいます、
同時に、宿主の免疫防御システムから逃げられて断続的な守りが得られます。
病気になる原理は感染されていた細胞の新陳代謝を抑制して細胞を溶解し、破壊させて、リゾチームの釈放を起こしてしまいます。新陳代謝で引き起こしていた細胞の毒の作用によって、変態反応と自身の免疫をもたらしてきます。
感染してからもらってきた特殊型の免疫力が少し弱くて、持続時間が短くて、繰り返す感染を起こしやすくなりました。
完全に掃除しないと持続感染をおこします。一方、数多く隠していた病気も出てきます。現在の日本国内にこんな病気を治す薬はクラビットとジスロマック2種類があります。
クラビットは性病をはじめとして、いろいろな細胞感染症に非常に効果を持てます。主成分はクラリスロマイシンですので、
または、クラビットの殺菌効果が強くて、炎症、痛みや炎症などにの症状を抑えられるので、呼吸器感染症、皮膚感染症、尿路感染症、耳鼻感染症などに対して効果を発揮します。
作用原理は細胞DNAベリカーゼの活発性を抑制する機能を通して、細胞DNAの組み合わせとコピーすることを食い止めて感染していた細胞を死亡させます。
ジスロマックは主に感染症を治す薬として人気商品になるわけです。主成分はアジスロマイシン水和物というもので、抗生剤の一種として、主に呼吸器感染症、皮膚・軟部組織感染症や性感染疾病を治療します。
ジスロマックの使用原理は細菌の細胞のリボソームの50Sサブユニットと合成することを通して、細菌を悪くなることを妨げて、RNAを依頼する蛋白質の組み合わせを抑えて抗菌作用をたどりついていた。